令和2年度教員人事応募制度による募集

令和2年度教員人事応募制度募集
 数学,理科(物理),工業(機械・電子機械)
 以下の用紙をご確認ください。
県立学校(応募用紙・論文).docx
県立学校(応募用紙・論文).pdf
令和元年9月3日更新(担当 教頭)
 

三工技からのお知らせ

学校自己評価システムシート
e34三郷工業技術高校31当初シート.pdf  
   令和元年5月25日更新
平成30年度最終シート.pdf


平成30年度入学者選抜基準.pdf
平成30年度使用教科書選定理由書(基本方針).pdf
いじめ防止基本方針(H27).pdf
令和元年度サマーリフレッシュウィーク(閉庁日)の実施について
閉庁日について.pdf
 

平成31年度 部活動方針

(PDFファイル)
 

【緊急情報発信用ウェブサイト】


 

https://sites.google.com/a/misato-th.spec.ed.jp/info/


荒天や公共交通機関不全等のために、緊急に登校時間等変更が生じた場合その内容を掲載するページです

上記リンクより、サイトへアクセスしお気に入り登録をして下さい


 

平成31年度生徒募集要項

平成31年度入学
 

学校案内

生徒指導部だより

訪問者数1625538
ありがとうございます。

企業連携

ファルコン

 

いじめ撲滅

 

 

 
平成28年度1069230
2016.4.1〜

三郷市彦成3-325
TEL:048-958-2331
FAX:048-949-1024

Copyright(C)2007-
三郷工業技術高等学校
All Right Reserved
 

校長挨拶

校長 山本 康義
  本校は、機械科・電子機械科・電気科・情報電子科・情報技術科の5学科からなる専門高校(工業高校)です。昭和60年(1985年)4月に開校し、創立35年目を迎えました。単に「工業」高校ではなく、全国で唯一「工業技術」高校と名乗っています。産業や「ものづくり」に直結する各学科の専門的な学習をとおして、資格取得を目指す高校です。

 三郷市の北部に位置しており、県東部地区の南部-三郷市・草加市・八潮市・越谷市・吉川市・松伏町の地区-を代表する専門高校です。地元の中学校より多くの生徒が進学しており、地域に根ざした高校として発展し続けています。地元の方々からは開校以来「三工技(さんこうぎ)」と親しみを込めて呼ばれています。

 本校の卒業生総数は、6,775名に達しています(平成30年度末現在)。専門高校としての性格上、卒業後すぐに民間企業等に就職する割合が高い傾向にありますが、より高度な技術や理論を学ぶために、大学や専門学校に進学する卒業生も毎年大勢います。

 本校の卒業生のほとんどは、主に製造・販売・運輸・情報通信などの様々な企業で活躍していますが、中には、プロサッカー選手の中澤佑二さん(元横浜F・マリノス:情報技術科9回生)、プロレーシングライダーの高橋裕紀さん(機械科16回生)といった有名人もいます。また、卒業生の中には、電気工事会社を始めとするいくつかの企業において上層部(役員)として活躍している方も現れてきております。

 「ものづくり」は、私たちの生活の基盤を構築し、日本社会の発展を支えるものですから、その精神や技術は次の世代に受け継がれていかなくてはなりません。本校では、その基礎・基本を学ぶことになります。みなさんも本校で3年間勉学を重ね、様々な実験や実習を経験し、多くの資格を取得してみませんか。そして、それらを土台として就職・進学し、将来、社会-日本そして世界-で大いに活躍しましょう。

 教職員一同みなさんの入学を心からお待ちしています。

 

 

お知らせ

平成28年度 校長より こちら
 

日誌

新規日誌2 >> 記事詳細

2019/11/06

避難訓練及び防災訓練 校長講話

| by 校長a

 改めまして、おはようございます。

 第33回たくみ祭、大変お疲れさまでした。文化の日とその代休、たくみ祭の代休と、3連休を挟んでの久しぶりの学校です。たくみ祭の疲れは十分とれたでしょうか。期末考査までちょうど一か月となりました。月末には強歩大会もありますが、落ち着いて勉強に励むことができる時期です。あるクラスの中間考査の答案を見せていただきました。課題が明確であれば、対応しなければなりません。早めの対策をお願いいたします。

 さて、先ほど三郷市消防署の方からご講評をいただきました。今回は地震の発生から、教室棟2階の湯沸室から出火という想定です。湯沸室は、職員室向かいの教員トイレの隣にあります。3階の2年3組前の手洗い場の直下にあたります。

 先生方も含め、直接火災を体験した人は、そう多くはないと思いますので、想像力を働かせることが必要です。2組の前の階段は煙が充満し、利用できないかもしれません。6組前の階段に殺到すると、パニックになる恐れがあります。2年生は、場合によっては1組側から渡り廊下を使って、実習A棟前の階段から避難する想定も必要です。1年生は4階ですが、4階は1組側に通路がありません。6組側の階段は混雑が予想されますので、社会科室まで回って空いている階段を使うことも頭に入れておいてください。

 普段からシミュレーションしておくことで、いざというときに機転が利くのだと思います。

 最後に、本校は三郷市により、近隣の方々の避難所にも指定されていますので、避難所開設の際は多くの市民の方々が来校されます。いざというときには、市民の方々と一緒に学校で過ごすというイメージも、普段からしっかりと持っておくことが重要です。

 それでは、この後も防災訓練が続きます。「備えあれば患いなし」です。しっかりと訓練を行ってください。以上で校長講話を終わります。


10:27 | 今日の出来事